島根県体育施設協会にて講演をしました

 11月18日は、平成22年度島根県体育施設協会研修会にて、「スポーツ施設における訴訟事例について~体育施設の健全な育成に向けて~」と題して講演をいたしました。
 この日は、午前中に出張先の東京から帰ってきて、空港からそのまま会場となったサンラポーむらくもに直行しました。
 それにしても東京に行くと疲れます。私は東京の空気を吸うと、気力と体力が吸い取られて帰ってきます。都会が私には合わないのでしょうね。
 疲労困憊といった感じでしたが、講演の壇上に上がるとそうは言ってられません。たくさんの方々を前にして、「来ていただいたみなさまに何かお土産をもって帰ってもらおう」との思いで、予定になかったこともしゃべったりして力いっぱいしゃべり尽くしてきました。
 
 これまでの私のスポーツ事故についての講演は、指導者の注意義務ということに焦点を当てたものが多かったですが、今回はスポーツ施設がらみの事故について、指導者だけでなく体育施設の負う法的責任にもスポットを当ててお話させていただいた次第です。
 スポーツに関する講演は、次回以降さらに少しずつ工夫を加えて出来るだけ興味深い内容になるよう鋭意努力を積み重ねて参りたいと思います。よろしくお願いいたします。
島根県体育施設協会にて講演をしました