車での移動

120710_1609

最近、子育てに追われ、更新が滞りがちになってしまいました。あまり期間を空けるとなかなか書けなくなるので、今日は頑張って投稿させていただきます。

山陰に来てからというもの、移動はどうしても車が多くなります。初めての道だと新鮮ですが、走り慣れた道だとそういう感じにもなりません。また、仕事が忙しい時に車での運転時間がもったいなく感じることもあります。私の場合、本格的に運転を始めたのが山陰に来てからなので、最初は運転そのものが楽しかったですが、だんだんそうではなくなりつつあります。やっぱり仕事が忙しくなると体力的にもきつくなり、注意力も散漫になるので、事故を起こさないように気をつけている次第です。


みなさんは、車での移動時間はどうやって過ごしておられるでしょうか。また有効活用をされておられるでしょうか。

 私は、非効率であることは分かってはいますが、体力的に厳しい時は、スタッフに運転してもらって、私は後部座席で睡眠の時間をとることもあります。それに運転しないだけでも助かりますので、車内でスタッフと打ち合わせの時間にしたり、電話をする時間に充てることもあります。ただ、一人ではないので、ボーっとすることができず、同乗者に気を遣いながら過ごすことになりますので、一人の時間が欲しいと思ってしまいます。

では、自分で運転する場合はどうでしょうか。自分で運転する場合は、基本的に一人で運転するようにしています。理由としては、人さまの命を預かることになるのでリスクを回避すること、それから、他人と一緒だとその方としゃべらなければならないということが挙げられます。

「他人と一緒だとその方としゃべらなければならない」ってどういうことだ!!と疑問に思われる方もおられると思います。私共の仕事は、基本的に会話しないと始まらない部分があります(もちろん、しゃべる前に「人の話を聴く」というところがベースにありますが)。
しゃべって会話するには頭を使わないといけません。たわいもなくテキトーに喋ればいいってものではなく、色々考えながら喋りますので、脳がかなり疲れます。
ですので、運転中くらい、喋らなくて済むなら喋らないようにしたいのです。運転しながら喋ると、疲れだけが残りますので。このような理由で、私は運転する時は基本的に一人で運転するようにしていますが、一人になる時間がもてると、喋ることによる疲れを回避できるという理由の他に、別の効果もありました。

それは、思索の時間がもてるということです。
一人になって運転していると、不思議と色々なアイデアが浮かびます。これからの事業展開のことや、社内での取り組み、さらに事件処理でいい解決策が浮かぶことも多いですし、事件処理でしておかなければならないことやスタッフに連絡しておかねばならないことなど、色々なことが思い浮かびます。
 一人で運転する時間というのはとても貴重なので、大切にしています。

120710_1617

ゴルフ後の大山ドライブも一つの楽しみです。そういえば、いつの間にか雪が解けましたね。

車での移動