3冊目の著書「中小企業のための金融円滑化法出口対応の手引き」が出版されました!

このたび、私の3冊目の著書

「中小企業のための金融円滑化法出口対応の手引き」が、商事法務から出版されました!


昨年6月に、私の初めての著書「中小企業事業再生の手引き」が出版されて以降、短期間の間に多くの書籍を執筆でき、大変光栄に思います。私を支えてくださった方々や書籍執筆に声を掛けて下さった方々に感謝申し上げます。

 私が弁護士になりたての頃、事業再生や事業承継の講義を聴きに、広島や東京の中小企業大学校などに何度か通ったことがありました。その時の講師が、第二東京弁護士会の幸村俊哉先生や、第一東京弁護士会の吉岡毅先生らでした。今回はそれらの先生方と共同執筆することができ、講義を聴きに行っていた頃からは信じられないことです。これからも慢心せずに、がむしゃらに業務に取り組んで参りたいと思います。

今回の書籍は、3月に金融円滑化法が終了するのを控え、その対応策について記載したものです。

 私の担当部分は、「民事再生手続」の部分です。また、昨年10月に東京で開催された日弁連のシンポジウムで私がパネリストとして登壇しましたので、その時の発言内容も収録されています。

 よろしければご覧下さい。


http://bizlawbook.shojihomu.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?CID=&ISBN=4-7857-2055-1
3冊目の著書「中小企業のための金融円滑化法出口対応の手引き」が出版されました!